So-net無料ブログ作成
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

【愛知】寧比曽岳・出来山 周回ハイク 2019/9/5 [山歩き・ウォーキング]

DSC04315.JPG
 富士見峠から寧比曽岳山頂へ向かう途中の尾根道。


場所・山行日
 「寧比曽岳:1120.73m:三等三角点」「出来山:1052.67m:一等三角点」
  2019年9月5日(木)愛知県豊田市・北設楽郡設楽町 境
ルート  段戸湖P~桶小屋第一支線林道口~林道分岐~東海自然歩道ベンチ~富士見峠
~寧比曽岳~林道出合~東海自然歩道ベンチ~出来山~藪漕ぎコース登山口~牛渡橋
~分水峠~五六橋~段戸湖P
歩行距離 22.0Km(平面距離)
標高差  (段戸湖P)  +84m(東海自然歩道ベンチ)  +140m(富士見峠)  -5m(寧比曽岳)
-330m(神越川上支流の橋) +180m(東海自然歩道ベンチ)  +105m(1087ピーク )
-50m(出来山)  -90m(出来山登山口) -43m(牛渡橋)  +64m(分水峠)  -62m(段戸湖P)
所要時間 09時間01分 06:13~15:14  2.4Km/h (休憩・昼食時間含む)
Google earth俯瞰図はこちら

 寧比曽岳(富士見峠)から出来山へ続く稜線上には整備された登山道が無く、尾根芯は深い笹藪に閉ざされていて、歩くことができるのは一部の猛者だけでした。今から10年前、teppanもチャレンジした事がありました。その時は背丈を超え、足元しか見えない濃い笹藪に手を焼き1079Pの手前で撤退、ガサガサ進んでいる最中に別のハイカーとすれ違い、クマ?かと思ってビックリした思い出があります(^^

 ところがここ数年、このルートを歩いたレポートが散見されるようになってきました。このあたりの山域は林床に笹(スズタケ)が繁っているのですが、近年一斉に花が咲いて大部分が枯れてしまった事と、稜線沿いに延伸された林道が利用できる様になったおかげで歩きやすくなったみたいです。

 先月出来山を歩いた際、かつて笹藪だった稜線を一部分だけ歩いてみましたが、随分歩きやすくなった印象がありました。そこでこの日、10年前のリベンジを兼ねて再度挑戦してみることにしました。

 ※大部分林道歩きですが、藪漕ぎ、道も踏み跡もないルートファインディングが必要な個所が含まれます、もし初心者の方がこのルートを歩く場合は熟練者との同行が望ましいです。

DSC04256.JPG
 この日は早朝から雨、早い内に止むのを期待して登山口のある段戸湖へ向かいました。



DSC04259.JPG
 段戸湖駐車場をスタート、この時間は他に車はありませんでした。AM6:15



DSC04262.JPG
 分水林道の通行止めゲート脇を通過。AM6:28



DSC04263.JPG
 五六橋の400m程手前を右折、橋を渡って桶小屋第一支線林道へ入ります。



DSC04267.JPG
 ガスに覆われてちょっと幻想的。



DSC04269.JPG
 雨が降っているので林道では傘を差して歩きます。



DSC04270.JPG
 林道のド真ん中につぼみが付いたアケボノソウ。



DSC04272.JPG
 林道脇に目をやると、なんと!もう開花したアケボノソウが… 花はまだ一株だけでしたが、つぼみを着けた株をたくさん見かけました。



DSC04278.JPG
 林道が交錯する五差路、直進します。AM6:53



DSC04280.JPG
 さらに進んで、ここからまた別の林道へ左折します。AM7:08



DSC04283.JPG
 晴れていればここから富士見峠の反射板が見えるかもしれません。



DSC04286.JPG
 林道の真ん中にコケの花?



DSC04287.JPG
 林道は荒れてなくて歩きやすいです。



DSC04289.JPG
 林道に覆い被さる様に張り出した枝。



DSC04291.JPG
 これはアカシデの実ですかね。



DSC04292.JPG
 ここで林道は行き止まりでした。AM7:45



DSC04293.JPG
 谷と尾根を越えて東海自然歩道の通る鞍部を目指す。道や踏み跡はありません、地形図を見ながら進む。



DSC04297.JPG
 これってオタカラコウではないでしょうか?この山にあるとは知りませんでした。



DSC04298.JPG
 この荒れ谷の上部に東海自然歩道が通っているはずです。地形図では大きなひとつの谷として描かれていますが、実際には複数の小谷が分岐していました。



DSC04299.JPG
 谷を詰めて行くと、やがて県道364号終点から続くハッキリとした踏み跡に合流しました。
 


DSC04301.JPG
 休憩ベンチのある峠(東海自然歩道)に到着、富士見峠と1087mピークの間に位置しています。特に名前はないんですが、あると説明するのに都合が良いのですが… AM8:16



DSC04302.JPG
 後でここに戻ってくる予定です、まずは富士見峠へ向かう。



DSC04303.JPG
 道脇にはブナの大木もあります。



DSC04306.JPG
 ヒキガエルに会いました。山で会うといつもジッとしている生き物ですが、この子は活発でした。



DSC04312.JPG
 トイレのあるピークが富士見峠です。”峠”と名が付いていますが、2つある寧比曽岳のピークのうちの東側になります。山頂よりこちらのピークの方が標高が僅かに高いです。AM8:46


DSC04317.JPG
 平坦で快適な尾根道を山頂へ向かっているところ。



DSC04323.JPG
 寧比曽岳山頂に着きました。誰もいませんし、何も見えませんでした。AM8:59



DSC04321.JPG
 三等三角点:大多賀Ⅲ:1120.73m



DSC04325.JPG
 金蔵連(ごんぞうれ)方面へ下ります。縦に裂けていたヤマザクラ、この状態でも生きていました。



DSC04326.JPG
 山頂からベンチのある場所まで500m程下ってきました。



DSC04327.JPG
 トリカブトのツボミですね、寧比曽岳にもあるんですね。



DSC04328.JPG
 葉っぱの写真、種類は調べてませんが、ヤマトリカブトでしょうか?



DSC04331.JPG
 炭焼き窯跡の先の尾根を下って行きます。



DSC04333.JPG
 途中尾根が広い部分があり、方向を定めるのが難しいです。



DSC04334.JPG
 トレーニングで地形図だけで進路を決めますが、間違っている様な気がします。



DSC04336.JPG
 予定よりかなり上の方で林道に出てしまいました、下りは地形図だけでルーファイは難しいですね。AM9:39



DSC04338.JPG
 林道を約1.5キロ歩いて写真の場所へ到着、計画ではここに降りて来る予定でした。



DSC04339.JPG
 その反対側にあった施設、これは雨量計でしょうか?



DSC04340.JPG
 後で向かう予定の出来山方向、雲が掛かって良い雰囲気です。



DSC04341.JPG
 植林の中に巨大な岩。



DSC04345.JPG
 一旦県道364号を下って沢に架かる橋へ下りてきました。AM10:18



DSC04346.JPG
 ここは神越川の上流域にあたります、下流にある神越渓谷はとても美しいところです。



DSC04356.JPG
 マツカゼソウの花



DSC04352.JPG
 こちらが葉っぱです。



DSC04357.JPG
 橋からはずっと登りです、そろそろ疲れが出て辛くなってきました^^;



DSC04359.JPG
 また別の林道入口を通り過ぎ写真の場所に到着、往きに通過した峠へ登り返します。中部電力の黄色い標識が目印。



DSC04360.JPG
 ”REF"とは富士見峠の反射板のことでしょうか?



DSC04362.JPG
 往きに立ち寄った峠に戻ってきました。AM11:06



DSC04372.JPG
 ちょっと早いですが、ここでランチ。マルシンハンバーグ餃子を作って食べました。(^^



DSC04382.JPG
 峠からは豊田市街地方面が見えます。



DSC04384.JPG
 撤収して、稜線伝いに出来山へ向かいます。PM0:00



DSC04386.JPG
 ヤマジノホトトギス  ”ヤマホトトギス”と花も名前もそっくりで紛らわしい もっと別の名前にしてくれたら良かったのにね。



DSC04388.JPG
 シコクママコナ。



DSC04392.JPG
 カエデ



DSC04396.JPG
 稜線歩き序盤は開けた尾根道です。



DSC04397.JPG
 誰かが付けてくれた道標。



DSC04398.JPG
 苔座布団にイガグリが乗っていました。



DSC04399.JPG
 1087mピーク、何かの標柱が埋まっていました。



DSC04402.JPG
 枯れ笹にはクモの巣みたいなのがたくさん着いていましたが、クモではなさそう。



DSC04403.JPG
 ミヤマウズラ。



DSC04408.JPG
 踏み跡は林道に向かっていましたが、尾根芯を進んでみます。



DSC04409.JPG
 この辺はまだ笹が低めでしたが、だんだん煩わしくなって結局林道に逃げ込みました(^^;



DSC04412.JPG
 尾根に沿って林道が延伸されていました。ベルト状に続く茶色いのが枯れ笹です。最盛期は、それは手強い笹藪でした。



DSC04414.JPG
 林道終点から再び尾根芯へPM0:40



DSC04419.JPG
 途中から踏み跡は再び林道に向かっていましたが、意地で尾根芯を進みます。



DSC04422.JPG
 出来山が近づいてきました。



DSC04423.JPG
 この先が山頂となりの広場です、真っ直ぐ登らず西側から巻けば枯れ笹漕ぎは避けられます。



DSC04425.JPG
 やっと広場にたどり着きました、ヤレヤレです(^^



DSC04426.JPG
 出来山山頂です、2週間前もここに来ています。PM1:28



DSC04427.JPG
  枯れ笹を少し漕いだだけでしたが、雨のせいでズボンが真っ黒になってしまいました。



DSC04429.JPG
 一等三角点「出来山:1052.67m」



DSC04430.JPG
 南東方向の藪漕ぎコースで下山します。


DSC04433.JPG
 昔は藪が濃かったそうですが、今は普通に歩けますね。



DSC04436.JPG
 アップダウンを繰り返して林道が見えてきました、この先段戸湖まで約5キロ弱の林道歩きが待っています。



DSC04437.JPG
 登山口 PM2:00



DSC04439.JPG
 寧比曽・出来山・筈ヶ岳周辺は至るところで林道が交錯してます。



DSC04441.JPG
 伐採された丘



DSC04445.JPG
 牛渡橋を渡って分水林道に合流しました。PM2:21



DSC04447.JPG
 これはホツツジかな。



DSC04451.JPG
 先月も通った林道工事地点、手前に通行止めの虎柵が置いてありました。PM2:41



DSC04452.JPG
 コンクリート舗装する工事だそうです。”鉄筋の上を歩いていいよ!”と言われたので、遠慮なく歩かせてもらいました。



DSC04453.JPG
 東海自然歩道分岐地点



DSC04456.JPG
 ヤブデマリの実でしょうか?



DSC04457.JPG
 葉っぱはこんな形。



DSC04459.JPG
 テンナンショウ(マムシグサ)の実。



DSC04461.JPG
 ここまでくればあと僅か。



DSC04463.JPG
 PM3:15 ようやく段戸湖の駐車場まで戻ってきました、林道歩きがほとんどでしたが約20Kmあり疲れました。ここから車で30分程走ったところにあるホテル百年草でお風呂に入って帰りました。




(あとがき)
 先月出来山を歩いた際、かつて笹藪だった稜線を一部分だけ歩いてみましたが、随分歩きやすくなった印象がありました。そこでこの日、10年前のリベンジを兼ねて再度挑戦してみることにしました。
 新しくできた林道を使わずに少しだけ尾根芯を進んでみましたが、枯れ残った笹の茎が固く、かき分ける際に目を突く恐れがあったり、雨で濡れたせいで笹に付いたカビ?で服やズボンが真っ黒になるので、たまらず尾根芯歩行は諦め林道を進みました。
 近年誰かが付けてくれた道標と踏み跡のおかげで、かなり分かりやすくなっていましたが、迷いやすい地点もあるので、まだ誰でも簡単に歩けるまでにはなっていない印象でした。

 何度か訪れているエリアですが、今回はこれまで歩いた事のない林道や尾根を使ったおかげで、新しい発見があったりして新鮮な気分で歩く事ができました。

 ※今回のハイキングはマルシンハンバーグを使った山メシの試作が一番の目的でした。よろしければこちらのリンクもどうぞ→https://teppan.blog.so-net.ne.jp/2019-09-07



(備忘録)
ホテル「百年草」日帰り入浴300円(温泉ではありません)
一般入浴時間/10:00~17:00(受付終了16:30)水曜日定休
〒444-2424愛知県豊田市足助町東貝戸10 TEL0565-62-0100

タグ:愛知のお山
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。