So-net無料ブログ作成
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

【愛知】出来山 2019/8/21 [山歩き・ウォーキング]

DSC04022.JPG

場所・山行日
 「出来山:できやま:1052.67m:一等三角点」2019年8月21日
 愛知県北設楽郡設楽町
ルート  段戸湖駐車場~分水峠~出来山 往復
歩行距離 12.3Km(平面距離)
標高差  段戸湖P~ +37m分水峠~ -45m牛渡橋~ +160m出来山
所要時間 05時間14分 11:06~16:20  2.3Km/h(休憩・昼食時間含む)
Google earth俯瞰図はこちら


 愛知130山の一つ「出来山」を登ってきました。
登山と言うよりオール林道歩きなので面白みに欠ける山です。以前一度登頂した事があり、その時は”もう二度と来る事はないだろうな!”と思ったのですが、この日7年ぶりに再登頂してきました。

DSC04015.JPG
 段戸湖の駐車場からスタート、家でダラダラしていたら午前11時になってしまいました。



DSC04017.JPG
 枯れて切り倒された大木。



DSC04018.JPG
 段戸湖のアングラーさん達



DSC04023.JPG
 段戸湖の上流から。



DSC04020.JPG
 アキノタムラソウ



DSC04024.JPG
 カキツバタですね。



DSC04025.JPG
 ツガの葉っぱ



DSC04026.JPG
 吹き抜ける風が爽やかです。



DSC04028.JPG
 気温は27℃



DSC04030.JPG
 マムシグサの実、たぶんスルガテンナンショウだと思います。



DSC04031.JPG
 山頂まで全て林道歩きです。



DSC04034.JPG
 沢の音が爽やか



DSC04036.JPG
 きららの森の笹(スズタケ)は、何年か前に花が咲きましたが、今は全部枯れてしまった様です。



DSC04040.JPG
 この林道分岐を右へ、五六橋を渡ります。



DSC04050.JPG
 寧比曽岳方面の分岐地点 そのまま直進します。



DSC04053.JPG
 林道は改修工事中でした。



DSC04055.JPG




DSC04061.JPG
 ひらすら林道を歩きます。



DSC04065.JPG
 たまにこんな案内表示があります。



DSC04069.JPG
 牛渡橋の林道分岐、ここも真っ直ぐ進みます。



DSC04070.JPG



DSC04073.JPG



DSC04076.JPG
 ツルリンドウの花



DSC04079.JPG
 オオカメノキの実



DSC04080.JPG
 T字交差点に到着、左へ入ります。



DSC04081.JPG
 地味にキツい舗装路を詰めると広場が見えてきた。手前を左手に入ります。



DSC04082.JPG
 少し歩けば山頂です。



DSC04083.JPG
 中央に三角点。



DSC04084.JPG
 一等三角点「出来山:1052.67m」 愛知県内に8つしかない一等です。



DSC04089.JPG
 この日の山メシはコンビニで調達した冷やし中華。



DSC04092.JPG
 氷を入れて涼感アップ!^^



DSC04097.JPG
 帰りは山頂北の広場から途中まで藪コギ、以前は強烈な笹藪だったが、枯れて歩きやすくなりました。



DSC04099.JPG
 尾根をそれ、ここで林道に合流。



DSC04102.JPG
 リョウブの花



DSC04106.JPG



DSC04103.JPG
 葉っぱが固く、先が鋭く尖っていて触ると痛いです、これはカヤです。



DSC04115.JPG
 イタドリ



DSC04116.JPG
 ヒヨドリバナ



DSC04117.JPG
 ヤマアジサイでしょうか、装飾花が下を向いていて可愛いです。



  この時期は花が少ないので、樹木の葉っぱを観察しながら歩きます。DSC04120.JPG
 ミツバツツジ この地方に多いのはコバノミツバツツジ、3枚の葉っぱが掌状に開く。早春の山を美しい紫色で飾る木。



DSC04121.JPG
 ミズナラ 太平洋側ではブナに混じって大木になる。きららの森にも幾つか大木がありましたが、害虫のせいで随分枯れてしまいました。



DSC04122.JPG
 コアジサイ 装飾花の無い、一見地味でシンプルな花が咲きますが、マクロで見るととても美しい。しかも香りも良いです。



DSC04124.JPG
 シロモジ 早春に花が咲き、秋は黄葉します。同じクスノキ科の仲間にダンコウバイ、クロモジ、アオモジなどがあり、花の時期は区別がしにくいです。ダンコウバイは葉っぱもシロモジそっくり。



DSC04125.JPG
 ヒノキ 言わずと知れた日本のDSC04079.JPG建材の王様。幹の皮が剥がれやすく、屋根葺きの材料にもなる。



DSC04126.JPG
 サルトリイバラ ”山帰来:さんきらい”とも呼ばれます。鋭いトゲがあり引っかけると痛い!
この葉は「麩まんじゅう」を包むのに使われます。愛知県内なら大口屋の「餡麩三喜羅」が有名。伊吹山麓の湖北地方では「がらたて」と呼ばれる饅頭が地域の味です。



DSC04128.JPG
 アセビ 春に鈴なりの花が咲いて可愛いです。毒を持つのでシカが食べません。



DSC04130.JPG
 オオカメノキ 別名ムシカリ、紫陽花のような白い花が咲く。写真の葉も食べられてますが、別名は虫が好むからでしょうか?



DSC04131.JPG
 ミラーで自撮り



DSC04132.JPG
 こちらの林床の笹はスズタケではないので枯れていません。



DSC04134.JPG
 木陰の林道は暑すぎず快適です。



DSC04136.JPG
 分水峠 ここの尾根筋を境に矢作川水系と豊川水系が分かれます。



DSC04142.JPG
 これは何という草でしょうか?



DSC04148.JPG
 モミの木



DSC04153.JPG
 途中から林道をそれて自然観察路へ。



DSC04157.JPG
 背が高いのはモミか?ツガか? 高すぎて葉っぱが触れないので分かりません。



DSC04162.JPG
 ミヤマシキミの大群落、どうしてここだけこんな大量に繁っているのでしょうか?



DSC04163.JPG
 キッコウハグマ もう少しすると風車の様な花が咲きます。ものすごく小さな草。



DSC04166.JPG
 交差点を右に入ります。



DSC04167.JPG
 観察路脇の笹(スズタケ)は全て枯れてしまいました。



DSC04169.JPG
 樹齢200年以上は経っているブナの大木。



DSC04172.JPG
 夫婦ブナの門



DSC04173.JPG
 間から見上げるとこんな感じ



DSC04174.JPG
 このまん丸の実はシロモジ、いずれ弾けると中からタネが出てきます。



DSC04175.JPG
 枯れて切り倒されたミズナラの大木、階段状に刻んであります。



DSC04180.JPG
 サワラの木にできていた巨大な虫コブ? よくぞこれだけ大きくなったものです。



DSC04188.JPG
 ちょうど比較しやすい位置にあったので…
上の葉先が2つに割れているのがモミ、下の葉先が丸いのがツガです。



DSC04189.JPG
 往きに歩いた林道にここで合流。



DSC04194.JPG
 駐車場に戻ると車は少しだけになっていました。


(あとがき)

 この日の目的は、”涼しい場所でランチしてこよう!”ただそれだけ(^^ 
家でダラダラしていたら段戸湖到着が11時になってしまい、お気に入りの寧比曽岳を往復するには遅すぎたので、短時間で歩ける出来山へ向かいました。スタート地点の段戸湖ですでに標高900mと高いこともあって、林道歩きはとても涼しくて快適でした。きららの森(段戸裏谷原生林)周辺は雰囲気が良く、何度歩いても飽きないお気に入りの場所です。

 山頂に行けば冷たいランチが待っていると思うと、変化の乏しい林道歩きもさほど苦にならず、それなりに楽しんで歩けました。山頂は森の中で展望はありませんが、三角点周辺は広々としていて、吹き抜ける風も涼しく、噛んだり刺したりする嫌な虫もおらず、意外にも快適に過ごす事ができました。
 登山の対象としてはつまらない山なのは否定できませんが、誰も訪れることもなく静かにゆったり過ごせる山も捨てたものではないなと感じました。歳を食ったせいでしょうか?7年前とは違った気持ちで、ゆる~いハイクを楽しむことができました。

タグ:愛知のお山
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。